Adidas Equipment Adidas Equipment

Equipment Prototype

For Atmos’ Consortium debut, the Tokyo store takes inspiration from the concept behind the Equipment Prototype itself, speed. The recognisable Equipment logo appears on the side of the shoe, but with added motion blur, as if travelling at high speed. Translucent overlays and a bold yellow, black and grey camouflage complete the aesthetic.

Atmos
Needs
Equipment

アトモスのConsortiumのデビューに向け、アトモス東京店では、Racing Proto自体のコンセプトである「スピード」からインスピレーションを得ました。シューズ側面には一目でわかるエキップメントのロゴがあり、まるで高速で動いているかのようなモーションブラー(ぶれ)が加えられています。半透明のオーバーレイと、大胆なイエロー、ブラック、グレーのカモフラージュがデザインの美しさを完成させています。

4 Chome-1-1 Shinjuku South Avenue 1F
Shinjuku City, Shinjuku
〒 160-0022
Tokyo, Japan

4 Chome-29-1 Majima Building 1F
Shibuya City, Jingumae
〒150-0001
Tokyo, Japan

3 Chome-16-9
Shibuya City, Sendagaya
〒151-0051
Tokyo, Japan

6 Chome-5-3 Iberia Building 1F
Shibuya City, Jingumae
〒150-0001
Tokyo, Japan

31-8 Udagawacho
Shibuya City
〒150-0042
Tokyo, Japan

www.atmos-tokyo.com

Hirofumi Kojima-san and his team outside

In Conversation with
Hirofumi Kojima
Director, Atmos

1. Please introduce yourself.
1.自己紹介をお願いします。
I’m Hirofumi Kojima, but everyone calls me Koji, and I’m Director of Atmos. I started out aged 19 as part-time shop staff when Atmos first opened in 2000. Since, sneakers have become my life and I am constantly thinking of crazy themes and ways of showcasing Tokyo’s sneaker scene to the world.
アトモスのディレクターを務めている小島奉文(こじま・ひろふみ)です。「コジ」と呼ばれています。僕は、2000年のアトモスオープン当初に、アルバイトとしてショップスタッフになりました。それ以来、スニーカーは人生の一部となり、東京のスニーカーシーンを世界に紹介するクレイジーなテーマや方法を常に考えています。
2. What is your earliest adidas memory?
2.アディダスに関する一番古い記憶はなんですか?
When I was in junior school, I bought my first pair of Superstar 2s in white with black stripes at my local store. Rumours about the shoes being sold at the store spread throughout town. Everyone wanted to get a pair.
中学生の頃、近所のスーパーで、白地に黒のストライプが入ったスーパースター2を初めて買いました。スーパースターがその店で売られているという噂は町中に広まり、皆が欲しがっていましたね。
3. The ’90s was a key decade in the history of sportswear. What was the first sports shop you visited?
3.90年代は、スポーツウェアの歴史の中で重要な10年でした。最初に訪れたスポーツショップはどこでしたか?
My hometown is a place called Kasukabe, which is in Saitama, Japan. In Kasukabe, there was a department store called Robinson, which had an Oshman’s – that’s the first sports shop I walked into. In the ’90s, there were no sneaker boutiques, so the only way to buy them was at the sports shops.
僕の地元は、埼玉県の春日部市というところです。春日部にはロビンソンというデパートがあって、そこにオッシュマンズが入っていました。それが、僕が最初に足を踏み入れたスポーツショップです。90年代はスニーカー専門店がなかったので、スポーツショップで買うしかありませんでした。

4. What is it about the Equipment line that you admire most?
4.あなたにとって、エキップメントラインの一番の魅力とは何ですか?
To tell you the truth, EQT wasn’t popular with my age group in the ’90s. So, in my opinion, it’s right now that EQT feels current, fresh and new.
正直いって、90年代に僕の年齢層にはEQTは人気がありませんでした。なので、EQTがフレッシュに感じられ、旬なのは「今」だというのが僕の意見です。
5. The original Equipment line had products for all sports, from the mainstream to the niche. Which areas would you like to see have their own Equipment product today?
5.オリジナルのエキップメントラインは、主流からニッチなものまで、全スポーツ用の製品を揃えていました。現在、独自のエキップメント製品を展開するならどの分野がいいと思いますか?
I am really interested in running, so I would like to see a new evolution of EQT for the running scene.
僕はランニングにとても興味があるので、ランニングシーンでEQTの新たな進化を見てみたいですね。
6. What is your favourite part of the collaboration process?
6.コラボレーションの過程で一番好きな部分は?
I take part in the concepting and designing, as well as the marketing. From start to finish, I love the entire process.
僕はコンセプト作りやデザイン、そしてマーケティングにも参加しています。最初から最後まで、すべてのプロセスが好きですね。
7. What inspired the Equipment shoe you have created for Consortium 2021?
7.Consortium 2021のために制作されたエキップメントシューズは、何にインスピレーションを受けていますか?
2021 marks the beginning of Atmos and Consortium, so this collaboration project is a great way to kick it all off. With this shoe we want to create something fun, interesting and that has never been done before.
2021年はアトモスとConsortiumの始まりの年であり、今回のコラボレーション企画はその幕開けにふさわしいものです。このシューズで、そして願わくば今後の作品でも、楽しくて面白くて、これまでに無かったアイテム、スニーカー好きを興奮させるものを作っていきたいですね。